創立総会

souritu002.jpg
1985 昭和60年(創立総会)

  • 川越民主商工会から坂戸民主商工会として分離独立 会員285名。
  • 創立以来、中小商工業者の営業とくらしを守るために頑張ってきました。最前列右は故難波元男さん。真中は故中島史郎さんです。
  • 同年、坂戸民主商工会婦人部設立

1986 昭和61年

  • (第2回総会) 第1回重税反対全国統一行動坂戸集会開く  500名参加
  • 坂戸市平和都市宣言/「許すな大型間接税」中央集会
  • 坂戸市「広島・長崎アピ―ル」住民過半数達成

1988 昭和63年

  • (第4回総会) 坂戸市千代田4-14-4に新事務所開設
  • 第5期畑和革新県政勝利
  • 消費税導入反対国民大集会(代々木公園 17万人)

1990 平成2年

  • (第6回総会) 坂戸民主商工会労働保険事務組合設立
  • 埼玉県連創立20周年

1991 平成3年

  • (第7回総会) 協同組合坂戸計算センタ-設立

1992 平成4年

  • (第8回総会) 全商連創立40周年 会員39万人 読者50万人突破
  • 坂戸民商 会員500名突破、読者 618名

1995 平成7年

  • (第11回総会) 坂戸民主商工会創立10周年
  • 県内倒産件数過去最高を更新 737件

1997 平成9年

  • (第12回総会) 消費税5%実施。「消費税を3%に戻せ国民大集会」

2000 平成12年

  • (第16回総会) 会長は三枝一夫氏から白石省三氏に
  • 小川信用金庫破綻

2001 平成13年

  • (第17回総会) 中小企業会館落成
  • 第1回パソコン教室開校 240名参加
  • 坂戸よさこい実行委員会参加
  • 小川信金破綻による被害救済要望書坂戸市議会採択

2002 平成14年

  • (第18回総会) 県融資制度の借換制度実施
  • 多重債務解決のための「ひょうたん道場」開設
  • 経営塾開校 25名参加

2003 平成15年

  • (第19回総会) 入間西部社会保障推進協議会とともに自治体交渉
  • 事務所オフコン入れ替え

2004 平成16年

  • (第20回総会) 第4回パソコン教室開校 183名参加
  • 第1回さかど民商まつり開催 6,000人参加
  • 第9回なんでも相談会開催 40名

坂戸民主商工会創立20周年

第11回総会10周年001.jpg
2005 平成17年

  • (第21回総会) 第2回さかど民商まつり開催 18,000人参加

第23回総会第3代会長に西村利弥氏就任

DSC_1725-w.JPG

活動方針

会員一人ひとりの要求が実現できるよう役員会を中心に活動しています。参加する会員の権利は事業の大小、従業員の多少に係わらず平等です